辛い禁煙とそのデメリットについて

禁煙をする事は体にも良いですし、周囲の人にも迷惑をかけなくなるため今現在日本でかなり推奨されています。禁煙外来等のコマーシャルも頻繁に流れており、まるで喫煙者が悪いことをしているかのような雰囲気さえあります。ちゃんと喫煙場所で分煙をしていれば何の問題もないだろうと考える方も多いのではないでしょうか。それに加えて、長年タバコを吸い続けてきた人にとって禁煙はかなり辛いことになるでしょう。医者に通うのであればまだしも、自力でタバコを止める事はかなり難しいですし、無理にタバコを我慢することによって精神的に大きなストレスを抱えてしまう人も少なくありません。喫煙を推奨するような本も出版されていますが、そのような本が売れるのも世の喫煙者の方たちが喫煙を肯定したいと言う考えの表れかもしれません。そして、社会人としては禁煙をすることによってデメリットも生じてしまいます。元来喫煙所は交流の場としても使われています。普段事務所では話すことができないような会話も、喫煙所だからこそ話が弾むこともあります。そうやって社内の人や、あるいはお客様との距離を縮めることに役立っているのです。禁煙をしてしまえば、当然喫煙所に近づく事はなくなりますので、そういったコミュニケーションの取り方ができなくなってしまいます。これは社会人としては大きなデメリットになってしまうことが考えられます。辛い思いをして禁煙を成功させたとしても、メリットが得られるどころか、逆にデメリットを抱えてしまうようでは意味がありません。タバコをやめることに関しての意見は様々ですが、自分がそのようなことに関して納得した上で決断をするようにしましょう。